あのとりブログ

情報ソースを明確に、読んだ本から知識を実用化するブログ。「あの・・・とりあずやってみます。」略して「あのとりブログ」

貯金1,000万以上貯めた人が続出?毎月3000円のはじめての人のための投資術

f:id:onedollar-11290406:20180519072757j:plain

 

あなたは、2017年度上半期のベストセラー著作はご存知ですか?

 

 それは「はじめての人のための3000円投資生活」という著書で、著者は家計再生コンサルタントの横山光昭氏です。

 

 3000円投資生活は、たった1つの「投資信託」を買うだけで4千人が大成功した「貯金感覚」投資法です。なんだか面白そうでもあり、胡散臭い感じもしますが、本当にベストセラーになった著作です。

 

では、さっそく内容に入っていきましょう!

 

【元ネタ本】

はじめての人のための3000円投資生活

はじめての人のための3000円投資生活

 

 

 

 はじめての投資で成功者続出?

f:id:onedollar-11290406:20180519072816j:plain

 

あなたは、人生でやりたいことがありますか?

 

このような一文で始まる本書。

 

「私自身、これほど結果が出るとは思っていませんでした。」と著者の横山氏ですら、毎月3,000円投資生活の結果に驚いたそうです。

 

とりあえず、具体的な結果を本書抜粋で見てみましょう!

 

【本書抜粋】

・夫(52歳 会社員) 年収650万円→550万円 妻(50歳 派遣社員) 年収230万円/長男(大学1年生) 会社業績悪化で100万円ダウン。

 

 息子の大学年度の学費を払ったら、貯金がゼロに!このままでは、老後破産まっしぐら。なんとかお金を貯めたい!

 

貯金0円が3000円投資8年目で1,070万円

 

他にも事例が5つほど並んでいますが、どれも5年以内に2倍以上の貯金に成功している事例が載っています。

 

(※より詳しい事例は本書まで)

 

 この著書のポイントは、「コツコツ投資+毎月の貯金で効率よくお金を貯める」それが3000円投資生活だと話します。

 

そして、著者はこのような事を読者に話しています。

 

【本書抜粋】 

人生でやりたいことがわかると、自然と「必要なお金」がわかります。

 

 でも、「お金がないせいで、人生が楽しめない」「やりたいことがやれない」「夢が叶わない」それでは、せっかく頑張ってきたのに、やりがいがありません。では、どうすればいいでしょうか。

 

 答えは、無理のない範囲で投資を学び、少しずつお金を増やすこと。みなさん、お金の不安をなくしたいと思っています。しかし、ずっと節約し続けるのは辛い。急に収入をあげることも難しい。

 

 でも、毎月3000円を投資に使い、貯金と投資を始めてみる。それだけで、あなたの夢は叶います。

 

「月3,000円なら簡単にできそうだな」と読んで思った、僕の最初の感想です。

 

ですが、投資は自己責任。

 

 確かに、毎月3,000円を意味ない浪費に使うぐらいなら、投資に回しても面白いかもしれません。でも、本当に毎月たった3,000円でお金は増えていくのでしょうか?

 

 3,000円ではお金が増えないは大間違い?

f:id:onedollar-11290406:20180429071821j:plain

 

月々3,000円では、大してお金は増えないのではないか。そう思いませんか?

 

結論から言いますと、増える可能性は十分にあります。

 

 3,000円という金額設定は、投資の「怖い」をできるだけ払拭して「今まで投資をしたことない」「まだ十分な貯金がない」という人のために「無理のない投資」をしてほしい。

 

そのように思った故の金額設定だと著者は話します。

 

具体的どのくらいの金額になるかを下記の表で確認してみてください。

 

【1年複利・税引前で計算しています。】

 

f:id:onedollar-11290406:20180519090018p:plain

 

 月々3000円でも、仮に3%の利回り計算で30年で約66万円増え、貯金と並行して投資を行うことで、着実に資産形成はできます。もちろん、投資額を6,000円に増やしたりすればより高い運用効果が高まります。

 

 確かに、3,000円でお金のことを考えるきっかけを作れるなら、メリットかもしれませんね。ちなみに、実際にこの著作を参考に3,000円投資を始めた人のブログを発見しましたので、リンク付けしておきます!

 

bridgebook.jp

 

 絶対やってはいけない投資とお金の使い方 

f:id:onedollar-11290406:20180429065337j:plain

 

あなたは絶対にやってはいけない投資とお金の使い方を知っていますか?

 

それは、おすすめ商品を買う事です。

 

「投資を始めよう」と思い立った人がまずやる行為は、証券会社や銀行から投資に関する資料を取り寄せて「おすすめ商品」を購入することです。

 

おすすめ商品は、たいてい高利回りをうたっています。

 

しかし、そうした商品には絶対に手を出さないでください。と著者は忠告しています。

 

 その理由は、金融機関は、なにもお客さんのために、お客さんが儲かるような商品を進めているわけではないからです。証券会社や銀行がすすめているのは、自分たちが儲かるような商品。

 

つまり、手数料が高い商品である可能性が高いと著者は話します。

 

ーーおすすめ商品の謳い文句。

 

・毎月、分配がある。

・利回りが高い。

・今、人気がある。

 

お客さんが飛びつきやすそうな、わかりやすい売り文句にて販売しています。

 

 これらには、アコギ的な手数料設定がされていますので、気をつけたいポイントです。あと著者も言っていますが、投資初心者がやりがちな、不動産投資。

 

 不動産投資は、成功率は極めて低い投資の1つです。素人が安易に手を出すと本当に破産します。

 

【過去記事】

www.anotori.com

 

 ここまで読んで頂き、ありがとうございました。具体的な「3,000円投資の方法」を書きたいのですが、それでは本書の「1番の売り」をネットに晒す事になります。

 

それは、いちブロガーとしてやりたくはありません。ですので、詳しいやり方は本書まで。

 

 感想だけ言いますと、はじめての方でも、「これを買えばいいよ」とまで明確な方法論が書かれた著作です。この簡単で明確さが、ベストセラーになったのかもしれませんね!

 

 まとめ 

はじめての人のための3000円投資生活

はじめての人のための3000円投資生活

 

 

・3000円投資は貯金とプラスして考えるコツコツ型の投資

 

・3000円投資なら30年後には約66万増えている可能性がある。

 

・証券会社や銀行・不動産投資は絶対に手を出さない方がいい。

 

いかがだったでしょうか?

 

 具体的な方法論を書けないのは心苦しいですが、これも著作を守るためです。書いてしまったら、本書を買った多くの人達にも悪いです。

 

気になる方は、ぜひ一度お手に取ってみてください。