あのとりブログ

情報ソースを明確に、読んだ本から知識を実用化するブログ。「あの・・・とりあずやってみます。」略して「あのとりブログ」

【脳科学】いじめのメカニズム。脳内ホルモンがいじめの原因?

 

f:id:onedollar-11290406:20180421070738j:plain

いじめは脳科学で解決できるか?

 

結論は、いじめの構造や脳内物質までは判明しています。

 

僕も中2の時にいじめを経験済みです。

具体的には、常時シカトされる感じのいじめで、最終的にはケンカでボコボコになって終わりました。

 

そんないじめの辛さを知っている僕ができることはなにか?

 

それは、いじめについての情報をわかりやすく発信することです。では、さっそく脳科学でいじめの構造に迫りましょうか。

 

 【元ネタ本】

ヒトは「いじめ」をやめられない (小学館新書)

ヒトは「いじめ」をやめられない (小学館新書)

 

 【もくじ】

 

 なぜヒトはいじめをするのか?

f:id:onedollar-11290406:20180213192932j:plain

 

「いじめ」はダメと言いながら、大人の社会でもいじめは存在します。そもそも、なぜヒトはいじめをするのでしょうか?

 

脳科学だけではなく、数理社会学や行動社会学の見解だと、いじめは「ヒトが種として存在する事を有利にしてきた」というのが結論です。

 

ヒトは集団行動にて、種の存続を守ってきた動物です。

社会を作り協力的行動にて、今日まで発展してきました。いじめは、その集団生活の制裁行動です。いじめられる人は、良くも悪くも、集団の中で異質な人間です。集団行動の中の敵とは「ズルをする人」「邪魔をする人」などです。

 

これを「フリーランダー」というのですが、このフリーランダーを制裁し排除する為、いじめがあると言われています。

 

「いじめは快楽」脳内物質と深い関係とは!?

f:id:onedollar-11290406:20180430072738j:plain

愛情ホルモンの「オキシトシン」はご存知ですか?

 

オキシトシンとは、人間関係を作るホルモン。

 

別名愛情ホルモンと言われる由来は、我が子を可愛がったり、ペットを撫でたりするのはオキシトシンが分泌されているからです。

 

このオキシトシンは、仲間意識を高める効果もあります。しかし、仲間意識が高すぎると「妬み」「排外感情」も同時に高めてしまうと中野氏は言います。

 

仲が良いほどいじめは発生する?

f:id:onedollar-11290406:20180503121345j:plain

心理学者の澤田匡人氏の調査で「規範意識が高い集団ほどいじめが発生する」と指摘しています。規範意識とは、集団のルールですね。

 

規範意識は、オキシトシンの分泌が高くするので、より「集団愛」が出てくる。会社でも目標とか設定しますよね?あれです。そこに、フリーランダーが現れるといじめに発展するというメカニズム。

 

つまり、仲が良いというのは脳内物質のオキシトシンが関係しており、仲良い同士で集団を作り、集団にルールができる。そのルールを守りそうにない人物や邪魔しそうな人物をいじめて排除しようとする。これがいじめの構造です。

 

裏切る者を見つける脳内物質のセロトニンとは!?

f:id:onedollar-11290406:20180214104657j:plain

 

セロトニンは安心物質と言われ、セロトニンが少ないと不安症になります。

(※不安を解消する方法も書きました)

 

人間は、遺伝子セロトニントランスポーターの量で不安症になるか決まります。

29か国中日本はS型が最も多いという調査結果もあります。S型の遺伝子割合は80%を超えている。つまり、日本人の約8割は不安を感じやすいという事です。ちなみにアメリカのS型は43%です。

 

不安から正義感がうまれてます。不安だから「あれもしよう」「これもしよう」となるのです。日本の技術が優れているのも不安からの保険の産物でした。

 

つまり、不安だから集団を見張り、正義感が強いから、ルールに厳しい。いじめとは「オキシトシン」と「セロトニン」などの脳内物質レベルで起こっている現象なのです。

 

いじめられない為にできる事とは?

f:id:onedollar-11290406:20180503121433j:plain

いじめられない為にできる事はあるのでしょうか?

 

科学的根拠に基づいた、方法論は今はないです。

 

それは、いじめられやすい人は、身体的特徴も関与している為です。 

体が小さい人」「体が弱い人」「太っている人」「行動や反応が遅い人」とても単純なのですが、これがいじめられやすい人の特徴だと中野氏は言っています。

 

管理人の経験からも「人と違っている身体的特徴がある人」はいじめられやすいと思います。出っ歯だったり、体毛が濃かったり・・・くだらない事のですが、ヒトは所詮動物です。反対に美人すぎてもいじめられるのですから。

 

他人の目を気にしないで生きていくのも大切です。

あと男性なら、筋トレをおすすめします。なぜなら、マッチョはいじめられる確率が軽減するからです。体格が自分よりいい人間を、本能的に敵対することを嫌うからです。ジャイアンがいじめられないのは体系が良いのも理由の1つです。

 

blog.ano-tori.com

blog.ano-tori.com

 

まとめ

ヒトは「いじめ」をやめられない (小学館新書)

ヒトは「いじめ」をやめられない (小学館新書)

 

 

  • いじめは「ヒトが種として存在する事を有利にしてきた」から発生する。
  • いじめは脳内物質のオキシトシンとセロトニンが深く関係している。
  • 仲がいいグループほど、いじめ発生率は高くなる。
  • 科学的根拠で、絶対にいじめられない方法論は現段階ではない。

 

いかがだったでしょうか?

 

正直、いじめをなくす方法論は未だ解明できていません。むしろ、いじめはヒトにとって快楽です。これは大人や子供は関係ありません。集団行動は理性を失いやすく、エスカレートしていきます。

 

いじめられている人にアドバイスは「とにかく逃げろ」です。

  

もちろん、本書はブログ以上にもっと詳しく書かれています。ぜひご興味がある方は一読をおすすめします。