あのとりブログ

情報ソースを明確に、読んだ本から知識を実用化するブログ。「あの・・・とりあずやってみます。」略して「あのとりブログ」

サイコパスの特徴とは!? 最新脳科学から解き明かす

 

f:id:onedollar-11290406:20180419083056j:plain

いきなりですが、あなたはサイコパスにどんなイメージをお持ちですか?

 

凶悪犯罪を簡単にやってしまうようなイメージかもしれませんが、およそ100人に1人の割合でサイコパスは存在すると言われています。

 

サイコパスは平気で嘘を言ったり、常人には考えられない不正をしても平然としています。最近、僕も情報商材を売っているサイコパスらしき人物に接触しましたw

 

そこから、興味が湧き今回のブログという流れです。

  

サイコパス (文春新書)

サイコパス (文春新書)

 

 

ブログの元ネタは著作「サイコパス

著者は中野信子氏です。中野氏は脳科学で医学博士でもあります。では、サイコパスを最新の脳科学で解き明かしていきましょう。

 

 

 

管理人が実際に会ったサイコパスとは!?

f:id:onedollar-11290406:20180417064131j:plain

冒頭でもお話しましたが、僕は実際にサイコパスらしき人物に会いました。

その時の印象が未だはっきり覚えており、恐怖を感じます。

 

その方は、29歳の男性。見た目は、羽生結弦氏のようなイケメンです。服装もジャッケトなど着て、エリートで頭が良い風な出立ちでした。

 

彼との出会いは、無料セミナーの講師でした。お会いして、すぐに握手を求められ、間髪を入れずに情報商材の話を持ちかけてきました。話し方は淡々としており、どこか自信ありげな雰囲気と振る舞いです。

 

ですが、管理人はなぜか「恐怖」を感じていました。

 

なんともニュアンスが難しいのですが、その方の目の奥に違和感がありました。なんとも「冷酷さ」を直感で感じました。所々に心理テクニックを使ってくるのも、気持ち悪さを感じていました。

 

その方が、すすめてきたのは情報商材ビジネス。

 

物販ビジネスと称して、ありきたりなAmazonからメルカリに流す無在庫転売ビジネス。他にも株や仮想通貨、LINE@やFXから不動産投資までやっていると言い講師料として60万〜120万かかると言われました。ですが、僕は不動産知識は人よりあるので、不動産話でカマをかけたら案の定です。

 

顔色ひとつ変えずに嘘を平気で言い切ります。この方は、リアルでマズイ方だと悟った管理人はプライドを傷つけないように、うまくフェードアウトしてきました。20分も話をしてないですが、その方の底知れぬ冷酷さはとても印象に残っています。人を殺しそうな雰囲気でした。

 

無料セミナーは詐欺の横行!? 

ちなみに、情報商材詐欺の9割は詐欺です。気をつけてくださいね。情報商材には、FXや仮想通貨、株に不動産投資の無料セミナーに多くあります。無料セミナーは目的がはっきりしている方が来るのではっきり言えばカモです。無料セミナーは時間の無駄ですので、参加はやめといたほうが無難です。

 

サイコパスを見抜く方法とは!?

f:id:onedollar-11290406:20180214105334j:plain

 

管理人の実体験から、本書に戻ります。

では、サイコパスを判断する特徴をいくつか挙げていきます。

サイコパスの特徴

  • 外見や語りが過剰に魅力的で、ナルシスティックである
  • 恐怖や不安、緊張を感じにくく、大舞台でも堂々として見える。
  • 多くの人が倫理的な理由でためらいを感じたり危険に思ってやらないことも平然と行うため、勇気があるように見える。
  • お世辞が上手い人転がしで、有力者を味方につけたり、崇拝者のような取り巻きがいたりする。
  • 常習的に嘘をつき、話を盛る。自分をよく見せようと、主張をコロコロ変える。
  • ビックマウスだが飽きっぽく、物事を継続したり、最後までやり遂げることが苦手。
  • 傲慢で尊大であり、批判されても折れない。
  • 付き合う人間がしばしば変わり、付き合いがなくなった相手のことを悪く言う。
  • 人当たりは良いうが、他者に対する共感性そのものが低い。

 

このように、サイコパスは尊大で、自己愛と欺瞞(だます)に満ちた対人関係を築き、共感的な感情が欠落し、衝動的で反社会的な存在だと中野氏は言います。ですが、サイコパス=犯罪者というレッテル貼りは非常に危険です。

 

サイコパスの脳の知覚能力、学習能力とは!?

f:id:onedollar-11290406:20180226071940j:plain

 

サイコパスには「熱い共感」を持たないという特徴があります。

通常なら道徳的にためらう事もサイコパスは「合理的だから」と容赦無く押し進め、反対派を人格攻撃という徹底的に非難します。

 

たとえば

村に殺人鬼が現れました。みんなで息を潜め隠れていたとします。隠れている中に赤ちゃんもいたとします。その赤ちゃんが鳴き始めました。殺人鬼に見つかったら村人全員が皆殺しに合うかもしれません。さて、その赤ちゃんをあなたならどうしますか?

 

ほとんどの人は「なんとか声が漏れないように工夫する」と答えます。

しかし、サイコパスは迷わず「絞め殺す」と答えると言います。

 

通常では、考えらないことを平気でやります。泣いてうるさい赤ちゃんを締め殺せば、静かになる。つまり「合理的な判断だろ?」という見解です。つまり、人の痛さや苦しみなどの共感性を持たない特徴があります。

 

扁桃体と前頭前皮質の結びつきが弱い!?

f:id:onedollar-11290406:20180421072912j:plain

 

サイコパスは「熱い共感」を持たないと説明しました。

 

脳には「扁桃体」という怒りや恐怖を感じる箇所があります。サイコパスは、ここの感情を司る扁桃体と前頭前皮質の結びつきが弱いと中野氏は言います。

 

前頭前皮質は長期的な視野に立って計画したり、様々な衝動にブレーキをかける役割をしています。つまり、恐怖や不安など感じない扁桃体と衝動にブレーキが効かない前頭前皮質のタッグと言えば分かりやすいと思います。つまり、普通ではストップがかかる残虐な行為でも、衝動的に平気でやれてしまうという事です。より詳しい内容は本書を一読してみてください。

 

まとめ

サイコパス (文春新書)

サイコパス (文春新書)

 

 

僕があった人物はほぼ間違いなくサイコパスでしょう。

深く関わっていたら下手すれば、殺される恐怖も覚えたくらい違和感を感じました。dですが、経営者の多くにもサイコパスがいると言われており、社会的に成功する方もサイコパス傾向の人も多いと本書で書かれていました。サイコパスにご興味がある方は、ぜひ本書をお手に取ってみたらいかがでしょうか?