あのとりブログ

情報ソースを明確に、読んだ本から知識を実用化するブログ。「あの・・・とりあずやってみます。」略して「あのとりブログ」

あれこれ考えて行動できない? 誰にでも簡単に行動できる方法とは!?

 

f:id:onedollar-11290406:20180215175745j:plain

 

現在の管理人の年齢は31歳になりました。

8月で2歳になる娘と妻がいるのですが、やはり独身時代と違って行動に移すことに慎重になっている自分がいます。

 

失敗したらどうしよう」など生活の不安や、仕事の不安などでどんどん保守的になっています。そんな事を考えていたら、管理人の書斎から娘が不意に著書を持ってきました。もちろん、娘にわかるはずもないのですが、持ってきた本が今の自分にぴったりでした。

 

「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣 (だいわ文庫)

「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣 (だいわ文庫)

 

 

 

「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣」著者は和田秀樹氏です。

思わず、娘にありがとうと言って、お風呂の中で再度読み直しました。この著書は、たとえば転職を考えているが一歩踏み出せないとか、起業を考えているがどうしてもあれこれ考えて不安になる人の「チカラになれるかな」そう思いブログを書きます。

 

不安は考えるほど大きくなる!?

f:id:onedollar-11290406:20180218215038j:plain

 

仮にこうなったらどうしよう」何か新しい事を始める場合に「もしも・・・」とネガティブにな仮説をたて、その対処法を考えてしまう事ってありますよね?

 

これは決して悪いことではない。

 

そう、精神科医の和田氏は言います。

 

予期不安」というワードを聞いたことありますか?

心理学でいう、これから起こるかもしれない事を心配して悲観的な未来を想像してしまう状態を言います。簡単に言いますと、まだ起こってもいない未来を心配している状態です。

 

「不安」は考えれば考えるほど、どんどん大きく育てしまう。まずは、最悪を想像する習慣をやめる事が第一歩となります。

 

「最悪を想像する習慣」をやめるコツとは!?

f:id:onedollar-11290406:20180214104657j:plain

 

不安は考えれば考えるほどに大きく育つと言いました。

これが重症化しますと、パニック障害になると言います。動機や息切れや吐き気を感じたりします。そうなると、いろいろ不安が不安を呼び動けなくなってしまいます。

 

ですが、この「予期不安に勝つとてもシンプル」な方法があります。

 

それは「動くこと」です。

 

矛盾しているように感じますが、実行することで、実行を邪魔する不安が生じにくくなるし、案ずるより産むがやすしの経験をすると、さらに動けるようになる。

 

そこで、大切なのは考えるより、まずは動けるようになる自分になることです。

 

「1勝9敗」でいい? ユニクロの成功の秘密とは!?

f:id:onedollar-11290406:20180214105110j:plain

 

ユニクロで知られるファーストリテイリング代表の柳井正氏が書いた「一勝九敗」という著書があります。

 

その中で、施策を10立てたものの、そのうち9つは失敗した事を明かしています。

 

でも、残りの一勝で現在に至っています。

 

現代は、小資本でなんでもチャレンジできる時代になりました。

何もやらなければ、失敗も成功もない現状維持です。ですが、何かしたら失敗するリスクはもちろんありますが、成功する確率もあるのです。あれこれやって、そのうち1つが成功すれば、結果的には失敗も成功への過程となります。

 

真面目すぎるから動けない!?

f:id:onedollar-11290406:20180215180320j:plain

 

不安で身動きが鈍い管理人。

ですが、ダメだと思ったらすぐに方向転換してしまえ!

とりあえず「動いてしまえ」このバカになる事が足りなかったのです。

 

動けない人は、真面目すぎると和田氏は言います。

 

そこでも、和田氏は苦手なことには手を出さないようにしているといいます。

理由はシンプルで「苦手意識を持ってしまうと、克服するのは難しい」からだと言います。楽しいことや得意なこと、あるいは、簡単な事から始めた方が、スピーディに進めれ、結果も出やすい。人間が何かやっているときは、楽しくノッている方が前頭前野の血流が増えるという脳科学の結果もあります。

 

動ける人間になるには、「先楽後優」がいちばんだと和田氏は言います。

 

考えるから動けない!?

f:id:onedollar-11290406:20180214104851j:plain

 

あれこれ考えているうちに迷ったり、不安にかられたり、結局は動けないという人が多いです。管理人もこのパターンです。

 

動けない自分に自信喪失して、より動けないことに拍車がかかってしまいます。

 

これを解決する方法は簡単だと和田氏は言います。

 

今、考えるのをやめてしまえばいい。

 

なんと。。。

 

でも、これは考えるのをやめろということではない。

今、考えても仕方がないことを考えるのをやめようということだ。

やり始める前に、頭でばかり考えても、結局、やってみて初めてわかる事がいっぱいだ。考えるだけ損。まずは一歩を踏み出した方が早いと和田氏は言います。

 

「考えるよりまず動く」具体的な方法とは!?

f:id:onedollar-11290406:20180214105110j:plain

 

例えば、企業に入社し、営業部に配属になったとします。

マニュアルを叩き込まれ、面倒見のいい先輩から「こうするとうまく営業できるよ」とアドバイス。それでも、うまくいかない。

 

では、マニュアルをやめるべきでしょうか?

 

和田氏はそれでも、マニュアルに従えと言います。

 

自分なりに考えた段取りもいいのだが、慣れていないことを不明な点も多いことなど、まずは既にあるマニュアルに沿ってやってみる。そのうえで、必要ないと感じたことはやめてしまえばいいし、自分のやりやすいように「改善」すればいい。

 

既にマニュアルがあるなら、それを利用しない手はない。

 

何もないところからスタートするよりも、指標があった方が絶対ラクです。

とりあえず、動いてみる。ダメでも失敗しても動いてみる。なんども言いますが、予期不安はまだ起こってもいない未来に対しての不安です。

 

3ヶ月先の未来に不安になっていても、1時間後にあなたはこの世にいないかもしれません。そして、いま不安に思っている未来は過去の自分もいま不安に思っていたことです。

 

1年前にあなたは何を不安に思っていましたか?

 

でも、いまあなたはこの瞬間を生きています

不安の9割は起こらないとよく言いますが、いま考えても無駄なことは考えることをやめしまいましょう。

 

まとめ

 

「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣 (だいわ文庫)

「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣 (だいわ文庫)

 

 

今回のブログ内容は管理人自身に言い聞かせているものでもありました。

それでも、不安は感じますが、今この一瞬にできることにフォーカスする目標が大事だと改めて気付かされた著書でもありました。

 

考えれば考えるほどに、頭の中はごちゃごちゃになりますが、答えはシンプルでいま動き出すことなのですね。今回、紹介した著書にはより詳しい内容が書かれています。

 

不安で身動きが取れない方は、ぜひ一度お手に取ってみて下さい。