あのとりブログ

情報ソースを明確に、読んだ本から知識を実用化するブログ。「あの・・・とりあずやってみます。」略して「あのとりブログ」

【前半】あなたは成長している? 自分が変わる15の行動

f:id:onedollar-11290406:20180423065014j:plain

 

自分の可能性について疑問を持ったことはないですか?

 

僕も普段の生活の中で、「もっとこうなりたい!」とか「結果がついてこない」と思い悩む時があります。「成長」という体感しづらい小さな努力。その事実の積み重ねができずに、目標を達成せず人生を終える人もいると思います。

 

そこで問題になるのが、どうすれば人生の目標を達成できるか?

 

それは、自分が変わり「成長すること」です。

 

ブログネタ元はこれです。

著者のジョン・C・マクスウェル氏は全世界で累計2100万部の著書を売り上げている方です。15の行動の中の7つを紹介します!では、さっそく内容に入りましょう!

 

自分が変わるための15の成長戦略: 人は何のために生きるのか、働くのか (単行本)

自分が変わるための15の成長戦略: 人は何のために生きるのか、働くのか (単行本)

 

【もくじ】

 

1.行動する

f:id:onedollar-11290406:20180419085834j:plain

Just Do It (とにかくやる)

自分の目標を叶える方法はただひとつしかありません。

 

「とにかくやってみる」

 

でも、ここでまず大きな壁にぶつかります。それは「期待」についての誤解。

1-1本書抜粋

「もっと簡単だと思っていたのに」

成長し、トップに上りつめることなど朝飯前と思っている人がどのくらいいるのか私にはわからないが、決して簡単なことではない。しかし人間は、自分の力で幸運を引き寄せることができる。その方程式がこれだ。

『準備(成長)+姿勢+チャンス+行動=幸運』

すべては準備することから始まるが、困ったことに準備には時間がかかる。

 

もっと簡単に結果が出ると思っていた。やってもやっても結果がついてこない。これは、自分が「期待」に対する甘さだったということです。

 

それでも、とにかくやってみる。結果はすぐにはでないものです。

 2.意識を高める

目的地を設定しないから人生が迷走する。

 

成長の意思を持ちながら自分のことがまったくわかっていない人が多いと言います。

 

成長するためには「自分自身を知らなければならない

 

自分の長所と短所は何か、何に興味があって、どのようなチャンスに恵まれているのか。今のあなたの立ち位置を正確に把握しなければ目的までの道筋を決めることができない。

 

まず、自分を知るという意識(目的地)を高めることがスタートです。

 

3.自尊心を育てる

f:id:onedollar-11290406:20180419073334j:plain

成長もせず才能を発揮することなく終わる人が少なくないのはなぜか?

 

それは「自己評価の低さ」です。

 

人生で一番「投資価値」のある対象は自分です。

自分の可能性や才能を信じる。つまり、自分自身を信じることができなれば目標達成はできません。

 

「積極性がほしいなら、自分を嫌うな。」と筆者は助言しています。

 4.じっくりと内省する

まず内省とは「反省」のことです。

 

「成果を出したあとは静かに内省する。静かな内省からさらに大きな成果が生まれる」

ピーター・F・ドラッカー 

 

この言葉は、マネジメントで著名なドラッカーの言葉です。

 

人生にはさまざまな成長の方法があり、数かぎりない学びの機会がある。しかし、時に本人が一瞬立ち止まって、学んだことを消化しないと成長できないこともある。

 

成功した時ほど、冷静に反省すべき点を考えてみる必要があります。

 

5.継続する

f:id:onedollar-11290406:20180417064131j:plain

継続性こそが成長の鍵である。

 

モチベーションの大切さは皆が感じることだと思います。

 

誰でも、励まされ、やる気が起きる仕事は楽しくなる。しかし、ことの個人的な成長となると話は変わる。モチベーションがあれば成長に向けてスタートは切れるが、成長を継続させるには自制心が必要です。

 

筆者はこう述べています。

 

「才能があろうが、なかろうが関係ない。チャンスに恵まれていようが、恵まれまいが関係ない。継続性が成長には必要だ。」

 

継続についての過去記事です。よかったらどうぞ!

blog.ano-tori.com

6.環境を変える

人生のどこかの時点で、成長するために環境を変える必要に迫られることがあります。

 

6-1本書抜粋

もし成長し、自分の未知なる可能性を発揮したいなら、それにふさわしい環境が必要だ。私自身、これまでに何度も職場や働き方など自分の環境を大きく変えてきた。もし、私が現状でよしとし、環境を変えずにその場にとどまっていたら、現在の私はなかっただろう。

 

世の中には「自分の力で変えること・問題や課題」と「自分の力では変えられないこと・宿命」があります。生まれた日や場所は変えることはできないですが、今ある環境を変えることはできることです。

 

今いる環境で未来はありますか?

 

7.戦略を練る

f:id:onedollar-11290406:20180419075721j:plain

 

自分で人生計画を立てれない人は、他人の人生計画に頼ることになる。

それはどんな計画になると思う?

まぁ、大したものにはならないだろう。

 

ジム・ローン(米国のコンサルタント、カリスマメンター)

 

 7-1「戦略的に生きるとは」どういうことか?

つまりスケジュールを作成するということです。

 

行き当たりばったりのやり方が成功することは少ないです。まれに戦略なしで成功できたとしても、再現性のないケースがほとんどです。

 

アマゾンの戦略は半端ではないです。

これは、アマゾンで働くオーナーを任されていた人に『We met the goal!』(目標達成しました)と報告した際に言われた言葉です。

 

7-2本記事引用

数字というのはコントロールするものだから、目標を達成しようがしまいが、理由を全て理解しておかないと何の意味もないんだよ。

 

toyokeizai.net

 

つまり、再現性がない成功はむしろ成功ではないということです。

まれに成功できたとしても、その過程や戦略がわからなければ意味がない。

 

行き当たりばったりとは、地図を見てどう行けば最短の距離と時間で行けるかを考えないで、他人の後ろをついて歩くようなものです。

 

まとめ 

自分が変わるための15の成長戦略: 人は何のために生きるのか、働くのか (単行本)

自分が変わるための15の成長戦略: 人は何のために生きるのか、働くのか (単行本)

 
  1. 「とりあえずやってみる」行動こそすべて。
  2. 目標という意識を高めて、自分自身をまずは知る。
  3. 自分自身を信じることが、積極性に繋がる。
  4. 成功した時ほど反省する。
  5. 成長には継続という自制心が必要。
  6. 自分の目標を達成できる環境に飛び込んでみる。
  7. 人生のスケジュールを考えて再現可能にする。

 

15の方法論のうち7つを紹介しました。

 

いかがだったでしょうか?

 

ぜひ残りの8つも本書を一読して頂き、あなたの目標が叶うことを祈りつつ、僕も頑張ります!