あのとりブログ

情報ソースを明確に、読んだ本から知識を実用化するブログ。「あの・・・とりあずやってみます。」略して「あのとりブログ」

育児の正しい知識。こんなときどうするの?

f:id:onedollar-11290406:20180512061008j:plain

 

お子さんの言動に、どう対応していいかをお悩みになった経験はありませんか?

 

そんな「こんなときどうする?」について、育児アドバイスをしてくれる大学講師で幼稚園園長でもある先生がいます。

 

その方が、小林 研介 氏。元ネタ本の著者になります。

 

小林氏はこのように話します。

保育の先生時代に、唯一悩まない時期があります。それは、新米先生の数ヶ月間だけ。育児のプロでも、気になるこの子やあの子が出てきて、「どうした良いのか?」と育児の正しさを考えれば考えるほどわからなくなってしまう・・・。

 

実際の現場で、試行錯誤した経験の持ち主です。育児の正しい知識にて、子どもの「こんなときどうする?」の対処法を教えてもらいましょう!

 

【元ネタ本】

保育Q&A101 こんなときどうする?3・4・5歳児

保育Q&A101 こんなときどうする?3・4・5歳児

 

 

  おむつの脱出のコツとポイントは?

f:id:onedollar-11290406:20180419075721j:plain

 

おむつを外すことに苦労していませんか?

 

それには、トイレット・トレーニングで重要ポイントが3つあります。

 

1.おしっこをしっかり溜められるようになっている。


2.おしっこをしたいと感じられるようになっている。


3.おしっこは、トイレでするのだと理解できるようになっている。

 

この3つが大切です。

 

個人差はありますが、保育園や幼稚園で生活していれば、3つとも恐らくクリアしています。

 

おむつをしていなくても、できるだけおしっこがしたくなったら教えてもらい、おむつを外してトイレに行くように関わっていくことがポイントです。

 

子どもは、大人のサポートによって「行道様式」を学んでいきます。

 

子どもが、意思表示した時は、トイレに連れて行ってあげる。これを、繰り返すだけで自然とおしっこは、トイレでするのだと理解していきます。

 

決して、失敗しても怒らないであげてくださいね。

 

AERAdotのリンク付けしておきます。

dot.asahi.com

 

  落ち着きない子どもへの対応は?

f:id:onedollar-11290406:20180419073334j:plain

 

うちの子は「落ち着きがない」そう思ったことはありませんか?

 

落ち着きのなさにも、いくつかあります。

 

1.普通の落ち着きのなさ

年齢が低い子に見られます。好奇心が強いため、あれもこれも面白そうに感じて、その結果ひとつのことを長続きして遊べないことになります。

 

これは、正常です。

 

むしろ、これらをきっかけに、探索や認知力の向上に繋がります。

 

2.発達遅れによる落ち着きのなさ

通常年齢が上がるにつれ、落ちついてきます。

 

しかし、発達の遅れがある子どもは、刺激に対して、十分な反応の仕方がわからず、続けてやりこむことができない状態が見られます。

 

3.病的な落ち着きのなさ

衝動的に動いたり、ある一定の音や状況に過度に反応したりもします。

 

なぜ動くのか。周囲の人も理解しにくい場合もあると話します。この場合は、病理的原因を考える必要があり、専門機関との連携が必須となります。

 

本当に病的な場合は、保育士や検診でわかります。

 

何も言ってこないなら、問題ありません。

それでも気になる方は、遊具なども多すぎないようにしてあげるのがポイントです。集中しやすい環境作りや、子どもの興味を知っておくと良いです。

 

心理学の観点から子どもの能力を伸ばす方法も過去記事にあるのでどうぞ。

 

 【過去記事】

www.anotori.com

【たまGoo】

tamagoo.jp

 

  噛み付いたりぶったりする時の対応は?

f:id:onedollar-11290406:20180512065507j:plain

 

他の子に噛み付いたり、ぶったりする対応はどうすればいいでしょうか?

 

園という集団のなかに入ると、自分でどう対応して良いかわからなくなるのが子どもです。使いたいおもちゃを強引に奪ったり、気にくわないと噛み付いたりします。

 

それは、子ども本人が一番困っているからです。

 

まだ言葉もうまく使えない。でも、相手に伝えたい。そう考え、伝える行為の手段として引っ掻いたり、噛んだりして相手に伝えます。

 

もちろん、このような行為をした場合は、まず相手のお子さんの状況をみて謝罪します。

 

そのあとに、「噛んだらダメでしょ!」と怒るのではありません。

 

「あのバケツが欲しかったのに、貸してもらえなかったんだね。」その時は、「貸して」と言おうね。と対応の仕方について教えてあげます。

 

それを繰り返すうちに、噛んだり奪ったりしないで、言葉で伝えらるように自然となっていきます。

 

子育てハックをリンク付けしておきます。

192abc.com

 

 まとめ 

保育Q&A101 こんなときどうする?3・4・5歳児

保育Q&A101 こんなときどうする?3・4・5歳児

 

 

・子どもからの意思表示に、しっかり対応してあげるとおむつは簡単に外れる。

 

・落ち着きないのは、好奇心が旺盛で、むしろ伸ばしてあげるポイント。

 

・噛みつき、ぶったりするのは、子どもの意思表示の手段。対応を教えば、自然と治る。

 

いかがだったでしょうか?

 

育児には、「こんなときどうすれば良いの?」がたくさんあると思います。ですが、共通していることは、子どもは未発達で、意思表示が上手ではありません。

 

すぐに怒ったりしないで、「なぜ?このような行動をするのかな。」と理解してあげることが、結果的には悩み解消の近道となります。