あのとりブログ

情報ソースを明確に、読んだ本から知識を実用化するブログ。「あの・・・とりあずやってみます。」略して「あのとりブログ」

心理学者が教える。必要以上にモテる技術とは?

f:id:onedollar-11290406:20180516065430j:plain

 

あなたは、心理学者が教示する「必要以上にモテてしまう技術」を知りたくありませんか?

 

それを教えてくれるのは、立正大学客員教授で心理学者の内藤誼人氏です。

 

 たとえば、じゃんけんをするだけで女性の心理がわかったり、LINEやメールのある「4つの特徴」を確認できれば自分に好意があるか判断できてしまうなどの方法論です。

 

なんだか、ワクワクしてきますね!

 

 この著作は61の心理を紹介しており、とても面白かったので、2部作でご紹介していきます。今回は「其1」となります。

 

では、さっそく内容に入っていきましょう。

 

【元ネタ本】

すごい! モテ方

すごい! モテ方

 

 

 

 ジャンケンでわかる女性心理

f:id:onedollar-11290406:20180516065504j:plain

 

ジャンケンするだけで、相手の女性がどんなタイプか見抜ける技術をご存知ですか?

 

その技術が、心理学にはあるのです。

 

 たとえば、女性に「ジャンケンしよう」と提案してもなんら不思議はありません。「やだ!」と断られることも、ほとんどないと思います。

 

 そこでジャンケンを提案して、彼女がどんな人間かをある程度見抜いてしまうという深層心理テクニックです。

 

ーージャンケンの出す種類でわかる特徴

 

【パーを出す】

パーを出す女性は、あなたに好意を持ってくれている可能性が高いです。

 

 深層心理では「心を開いてくれている」から「手のひらも開く」と考えられています。手の開き具合は、心の開きとリンクしており、手を開いている人は心も開いている可能性があります。

 

 ちなみに、櫻井秀勲氏の「たった3秒で女性を口説く技術」にも、気のある女性ほど、ジャンケンでパーを出す確率が高いと書かれているそうです。

 

【グーを出す】

心を閉ざしている女性は、たいていグーを出します。

 

 閉鎖的で人と親しむのが苦手で、秘密主義のようなタイプの女性はギュッと握るグーの手が出しやすいのです。

 

【チョキを出す】

残念ながらチョキを出す女性心理については分かっていません。

 

 著者いわく、チョキを出すのが一番難しく、あらかじめチョキを出そうという気持ちになっていないと、なかなかチョキは出さない。

 

 指の形も、グーやパーに比べ複雑であるし、その意味では策略家・戦略家のタイプが多い気がすると話します。

 

ーーちなみにビジネスシーンの手のひら状況は本書抜粋

 

【本書抜粋】

うまく交渉が進んでいる場合には、双方ともに手のひらをゆるやかに開いている。

 

 ところが、難しい条件を抱えて交渉が難航しているときには、双方ともに手をギュッと握りしめて、握り拳を作っていることが多い。

 

 相手の握り拳の具合で、商談がうまく進んでいるかの判断材料の1つになりそうです。

 

 ブルーシャツを着るとモテる?

f:id:onedollar-11290406:20180516065540j:plain

 

女性に好印象を与える簡単な方法は「色にある」と知っていましたか?

 

女性に好印象を与える手っ取り早い方法が、女性が好きな色を身につけることです。

 

そして、その色は「ブルー」です。

 

 青色系の色が、女性にもっともモテる色だと、米国サウサンプトン大学のウィリアム・サーモンが約5,000名もの男女の色彩の調査で分かっています。

 

 日本でもアサヒビールホールディングスで行われた調査でも、女性が好む色の第3位が「青」です。ちなみに、1位が「ピンク」2位が「オレンジ」ですが、さすがにこの色の服を着るのは難しいですよね。

 

www.asahigroup-holdings.com

 

 爽やかな印象を与えたいなら「白」もおすすめです。真っ白のシャツを好む女性は多いですが、白は、青と同じように涼しげで、清潔感のある色です。

 

基本的には、青か白のシャツを着ていれば、女性からそんなに悪く評価されることはありません。

 

 メールでわかる。あなたが好かれているか見抜く方法

f:id:onedollar-11290406:20180429054335j:plain

 

自分はどれくらいあの子に好かれているのだろうか?

 

 恋愛していると、相手の気持ちが気になります。その、マインドシェアが簡単にわかる方法が心理学にあります。

 

 女性は仲良くなった人・好きな人には、頻繁にコミュニケーションを取るという性質を持っています。男性は、嫌いな人でも、とりあえずは会話をしようとするし、職場に嫌いな人がいても事務的な会話くらいはします。

 

 女性は嫌いな相手とは口も効かないし、一切のコミュニケーションを遮断する特徴があり、好きな人に対しては、「これでもか!」というくらいコミュニケーションをとろうとします。

 

そこで分かりやすいのが、LINEやメール頻度。

 

ーー気になる相手に対しての特徴4つ

 

1.自分から

2.かなりの頻度で

3.かなりの文章量の多さで

4.かなり疑った

 

 このLINEやメールが来たら、ほぼ高確率であなたを好きです。これは、ウェスタン・ニューイングランド大学のキャサリン・ディロンの見解でも一致しています。

 

【本書抜粋】

女性は、もともと男性よりも、たくさんの文章量でメールを書き、飾り立てなどをよくするのだが、好きな男性に対しては、それがさらに強調される。

 

 こちらからLINEを送らないと、彼女からLINEが来ない場合や、返信もそっけなく、絵文字なども一切ない場合はごめんなさい。残念ながら、あなたはまったく相手にされていないと著者は話します。

 

でも、あきらめるのはまだ早い!

 

ーーまだ逆転する方法論があります。それは、其の二まで。

 

www.anotori.com

 

 まとめ

すごい! モテ方

すごい! モテ方

 

 

・ 深層心理をしたければ、突発的なジャンケンを。

 

・デートや合コンは「青」か「白」のシャツで好印象ゲット。

 

・メールの頻度や文章量で好意度は簡単に見抜ける。

 

いかがだったでしょうか?

 

 なかなか、面白い本で61もの心理が書かれているのに3つでは寂しいので、第二弾を書きます。ぜひお楽しみに!