あのとりブログ

情報ソースを明確に、読んだ本から知識を実用化するブログ。「あの・・・とりあずやってみます。」略して「あのとりブログ」

出世する人、しない人。リクルートトップ営業ウーマンが語るその違いとは?

f:id:onedollar-11290406:20180603061759j:plain

 

あなたは、会社で部長になれるのは2.7%しかいないという事実をご存知でしたか?

 

具体的な人数は、13人という計算になります。(※500人規模の会社)

 

ただ、このブログ記事を読んでくれている人は、のぼりつめていく素質がすでにあります。

 

それは、なぜか?

 

「組織の中でのぼりつめていく人と、そうでない人の行動習慣」に、このブログ記事の内容を知ろうとした行動こそ、のぼりつめていく人の共通項だからです。

 

 元ネタ本の著者は、リクルートに入社1年で営業トップにて社内MVP受賞。2012年に仕事の流儀に出演し、リクルートエグゼクティブエージェントとして2万人の転職支援。現在は、株式会社morichを経営する森本千賀子氏です。

 

多くの人と出会い経験してきた著者から、出世する人としない人の違いを教えてもらいましょう。

 

【元ネタ本】

カリスマヘッドハンターが教える のぼりつめる男課長どまりの男

カリスマヘッドハンターが教える のぼりつめる男課長どまりの男

 

 

  出世する人、しない人のアポ取り

f:id:onedollar-11290406:20180603074639j:plain

 

あなたは、アポを取るときどちらのタイプですか?

 

【A】希望の日時をおしらせください。

 

【B】◯月◯日◯時、×月×日×時、△月△日△時のいずれかで、いかがですか?

 

 出世する人のアポの取りかたは、後者となります。その理由は、「ご希望をお知らせください」と相手を尊重したつもりですが、結果的には相手に余分な手間をかけさせているからです。

 

 前者は、相手に手帳をめくらせて、複数案出させたうえに、さらに都合が合わないとなる。これでは、2度手間どころではありません。「お願いする立場」だからこそ、相手の「手間」を想像できるか。この違いが、出世する人としない人の違いとなります。

 

確かに、こちらの都合に合わせさせるのは失礼に感じます。

 

 ですが、相手のスケジュールを聞いといて、自分が断る行為はもっと失礼だと著者は語ります。もし【A】のアポ取りするなら、確実に相手都合に合わせることができる人だけにしておいたほうが良さそうです。

 

f:id:onedollar-11290406:20180603121716j:plain

 

ーー余談

 

ちなみに、「13時から15時でお願いします」も配慮が足りないと著者は指摘。

 

 「13時にスタートして15時までの2時間」なのか「13時から15時のうちの1時間」なのか事前情報がないと相手は判断できません。前文に具体的な面会時間を示すのも配慮テクのひとつです。 

 

つまり、出世する人としない人の違いは「相手の立場に立てるか否か」です。

 

【関連記事】

president.jp

 

 ー苦手な相手がいたら?出世する人の行動とは

 

苦手な人から逃げるのも、僕は必要だと思っています。

 

ですが、このような考えもあります。

 

「あのとりブログ」の読者さんに、元人事教育を経験され、現在はフリーライターで活動されているミスターハッピー氏がいます。

 

 ミスターハッピー氏のブログ内でこのような一節を読みました。

 

「好きや嫌い」という感情は思い込みであり、決して実態があるわけではありません。

 

まさに、著者が指摘している事と一致しました。

 

【本書抜粋】

「厄介なお客さんに当たったなぁ」はチャンス。

 

一部割愛

 

嫌いな相手に対して、耳をふさぐことなく目をそらすことなく、真摯に聞き入れて自分の糧にする(P225)

 

 つまり、苦言を呈してくる人の言葉のなかに、自分が学ぶべき大切な本質があるのです。そもそも「嫌い」という感情自体が、自分の思い込みなのかもしれません。

 

【ミスターハッピー氏のブログ】

kihappy1.hatenablog.com

【過去記事】

www.anotori.com

 出世は新幹線の座る席でわかる

f:id:onedollar-11290406:20180603100214j:plain

 

あなたは新幹線の3人掛けシートのどこに座りますか?

 

出世する人は、真ん中のシートに座ると著者は語ります。

 

 なぜかを説明しますと、出世する人の特徴に「自ら話かける」という習慣が多いからです。新幹線でたまたま居合わせた人にも、ご縁があると考え「飴ちゃん作戦」を著者はよくしたと言います。

 

 飴ちゃん作戦とは、「よかったら飴でもいかがですか?」と飴を差し出す作戦。目的の半分はきっかけですが、もう半分は相手の距離感を掴めると著者は語る。

 

 飴玉を渡した時の反応で、自分との距離感を掴みます。なかには「放っておいて」という人もいますから、貰い方の反応で判断するそうです。

 

この新幹線での席順だけで、ご縁があり仕事になったケースも何度もあると言います。

 

出世する人は自ら話しかけることで、話しかけられる人になる。結果、縁に恵まれる。

 

【心を掴む飴】

bonvoyagejapan.com

 

 女性部下との接し方で分かる出世する人の特徴

f:id:onedollar-11290406:20180430065641j:plain

 

あなたは育児休暇を終えた女性に対してどのように接しますか?

 

出世する人は、女性の意見を聞きながら「責任ある仕事」も任せます。

 

 多くの人は、家事と両立で大変だろうと思い、負担の少ない仕事を任せるかと思います。ですが、キャリアを積みたいと考えるワーキングママも多いのも事実です。

 

 よく、「え〜女性というのは〜」と話し方をする人もいますが、そもそも「女性」でひとくくりにするな!と思っている人も多いのです。

 

「女性」という枠組みではなく「個人」としての意見を聞く。

 

 そのうえで、責任ある仕事も任せたりします。不安を抱えているワーキングママにひとこと「困ったことがあったらサポートするから安心して」この言葉だけで心理負担も相当軽くなります。

 

もし、今すでに役職に就いておられる方は、著者の助言を参考にしてもいいかと思います。

 

【ワーキングママにおすすめ記事】

president.jp

 まとめ

カリスマヘッドハンターが教える のぼりつめる男課長どまりの男

カリスマヘッドハンターが教える のぼりつめる男課長どまりの男

 

・出世する人は、相手の立場になって考える癖がある 。

 

・出世する人は、自ら話しかける癖がある。

 

・出世する人は、枠組みではなく「個人」を尊重する。

 

いかがだったでしょうか?

 

ちなみに課長になれる人は500人規模の会社で28人。全体の5.6%です。

 

 出世なんて興味ないという人もいるかと思いますが、どんな仕事でも最後は対人スキルが必須になります。その時のためにも、本書を読んでおくのも良いかもしれません。