あのとりブログ

情報ソースを明確に、読んだ本から知識を実用化するブログ。「あの・・・とりあずやってみます。」略して「あのとりブログ」

恋愛テクニック!臨床心理士が教える意中の人に好かれる方法とは?

f:id:onedollar-11290406:20180604082316j:plain

 

人はどのような人物に魅力を感じるかをご存知ですか?

 

 行動心理学では、人は「自分には無いもの」を持っている相手、「自分とは違う価値観」を持っている相手に憧れを抱く傾向にある。

 

そう語るのは、臨床心理士の植木理恵氏です。

 

 どうしても「意中の人に好かれたい」そう思う気持ちは、誰にでも芽生えるごく自然な感情です。

 

 では、どうすれば意中の人に好かれるのか。そんな恋愛テクニックを心理学の観点から書いていきたいと思います。

 

【元ネタ本】 

植木理恵のココロをつかんで離さない心理テク (別冊宝島) (別冊宝島 1848 スタディー)

植木理恵のココロをつかんで離さない心理テク (別冊宝島) (別冊宝島 1848 スタディー)

 

 

 

 恋愛テク。相手の視界に入る?

f:id:onedollar-11290406:20180604084434j:plain

 

誰でも簡単に意中の人に好かれるテクニックはあるか?

 

結論から言いますと、あります。

 

それは、心理学で「熟知性の原則」を活用することだけです。

 

 熟知性の原則とは、人間はよく知らない相手よりも、なじみのある相手に対して好意を抱く心理を熟知性の原則と言います。

 

 初対面のときに意識していないのは、相手のことをよく知らなかったから。話をしている間に好きになったというのは、相手になじみを感じてきたからだと著者は説明します。

 

話する機会が増えたら、急に相手を気になりだした経験はありませんか?

 

 それが「熟知性の原則」です。

 

でも、話しかけらる人ばかりではないのが現実ですよね。

 

f:id:onedollar-11290406:20180604090614j:plain

 

ーー話ができなくても良い?超簡単に好かれる方法

 

簡単に好かれる方法とは、相手の視界に入る回数を増やすだけです。

 

ほとんど会話していないのに、いつの間にか好きになっていた経験はありませんか?

 

 じつは、深く話をしていなくても、視界に入る回数を増やすだけで好意度が上がることが心理学で分かっています。この実験をしたのが、アメリカの心理学者ロバート・ザイアンス氏です。

 

実験詳細を本書抜粋で見てみましょう。

 

【本書抜粋】

 数人の学生を対処に、2秒ごとに映し出される12人の成人男性のスライドをランダムで86回見せます。

 

 その後、学生たちにそれらのスライドをじっくり見せて、どの男性に好意を持つか調査したのです。

 

 すると、スライドの登場回数が少なかった男性よりも、多かった男性のほうが好意を持たれるという調査結果になりました。

 

 これは、CMでも同じ効果があります。一度見たCMより何度も目にするCMの方が記憶に残り、商品に好感を抱きやすい。これを「単純接触効果」と言います。

 

ただ、この恋愛テクニックには弱点があると著者は語ります。

 

f:id:onedollar-11290406:20180604093849j:plain


ーー弱点とは

それは、目にする回数と好感度は比例関係にあり、会わない感覚が広いと疎遠になります。

 

 つまり、遠距離恋愛で破局する確率が高いのは、会わない間隔が広くなりすぎて興味が薄れるからです。

 

ですが、話はしなくても良く、顔を合わせる頻度を増やすだけで、好感度が上がるなら簡単です。

 

いつも、ブックマークやスターを付けてくれる「id:b204638」氏に好感を抱いてしまうのも頷けますね。

 

id:b204638s氏のブログ

www.thoughts-make-things.com

 

 女子の処世術? ”おあずけ”効果

f:id:onedollar-11290406:20180604084822j:plain

 

ワンナイトラブを経験したことはありますか?

 

その後の関係は長く続いたでしょうか。ほとんどの方が、一夜の関係や数ヶ月で終わったりします。

 

 一夜の関係でも良いのですが、より長くお付き合いしたい相手には「カリギュラ効果」を利用した方が良さそうです。

 

カリギュア効果とは、ものすごく簡単に説明しますと「おあずけ」です。

 

「今日はダメ?」と男性が誘ってきても、そこは「ごめん。今日は帰っとく」とおあずけにします。

 

 すると、気持ちが盛り上がってきたところで拒否された相手は、期待感を持ったままお別れすることになります。この「期待」と「禁止」によってカリギュア効果発令!

 

その後は、グイグイ相手から押してくると著者は説明しています。

 

f:id:onedollar-11290406:20180604093931j:plain

 

ーー余談

ちなみに、禁止することで好きな順位が変わることも実験で分かっています。

 

 5種類のおもちゃを子供に与えて、自由に遊ばせた後に好きなおもちゃランキングを付けさせました。その後、2番目に好きだったおもちゃを使用禁止にさせたら、順位が変わって2位が1位になったことが判明しています。

 

つまり”おあずけ”で、一気にライバルと差をつけることができるかもしれません。

 

"助けて"と頼るだけで好かれる?

f:id:onedollar-11290406:20180604085106j:plain

 

恋愛をスタートするに際し、多くの人が誤解されている事実をご存知でしょうか?

 

それは、相手に「恩を着させる」よりも「受ける方が良い」ということです。

 

どういう意味かをご説明します。

 

 意中の相手が困っていた場面に出くわした場合、手を差し出しますよね?それは当たり前の行為なのですが、ここで勘違いしてしまう人が多いことがあります。

 

それは「助けたのだから、きっと好意を抱いてくれただろう」ということです。

 

 恩を着させられた相手は、恩を返さなければならないと重荷になるケースもあり、好かれるとはまた別問題です。

 

 むしろ反対で、恩を着させるよりも恩を受けた方が相手の好感を得やすいことが心理学で分かっていると著者は語っています。

 

つまり、助けるよりも助けられた方が相手の好感度が上がるということです。

 

もちろん、適度な負担の範囲内ですが。

 

f:id:onedollar-11290406:20180604101245j:plain

 

たとえば、男性ならすぐ共感して頂けるかと思いますが、女の子に頼られると嬉しくなりませんか?

 

「この高いところの書類を取ってもらえませんか?」「ここどうすれば良いですか?」など、助けを求められると胸キュンどころではありません。

 

ちなみに、男性が女性に甘えても効果はあります。

 

これは女性の場合は甘えてくる男性に「母性本能」をくすぐられるからです。

 

 恩を着させるより、恩を受けさせる。ちょっとした「助けて欲しい」の名人になると恋愛マスターになれるかもしれませんね。

 

 他にも過去記事に「モテるテクニック」を書いていますので、モテたくない人は読まないでくださいねw

 

【過去記事】

www.anotori.com

 

www.anotori.com

 まとめ

植木理恵のココロをつかんで離さない心理テク (別冊宝島) (別冊宝島 1848 スタディー)

植木理恵のココロをつかんで離さない心理テク (別冊宝島) (別冊宝島 1848 スタディー)

 

 ・相手の視界に入るだけで「熟知性の原則」「単純接触効果」がある。

 

・"おあずけ”で一気に相手の気持ちに火をつけさせることが可能。

 

・恩を着させるよりも、恩を受けるほうがモテる。

 

いかがだったでしょうか?

 

どうしても、意中を振り向かせたい人もいると思います。そんな時には、本書を手に取ってみても面白いかもしれませんね。