あのとりブログ

情報ソースを明確に、読んだ本から知識を実用化するブログ。「あの・・・とりあずやってみます。」略して「あのとりブログ」

お金で「モテている男」の末路。紀州のドン・ファンと呼ばれた男とは?

f:id:onedollar-11290406:20180606063703j:plain

 

あなたは「お金でモテる」ことは本当に幸せなことだと思いますか?

 

 それを教えてくれるのが「紀州のドン・ファン」と呼ばれ、美女4,000人に30億円も貢いだ男、野崎幸助氏です。

 

 野崎氏は、過去に50歳下の愛人に約6000万円の金品を盗まれたり、胃の中に大量の覚せい剤が見つかり、急性循環不全が死因で亡くなりました。

 

この事件は、連日ワイドショーで「怪死」として取り上げられています。

 

 彼は「いい女を抱くためだけに、私は大金持ちになった」と赤裸々に語っており、その思考や人生から学べることはないかと思い、著作を元ネタに書いていきたいと思います。

 

【元ネタ本】

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)

 

 

 

 お金でモテている男の末路

f:id:onedollar-11290406:20180606070651j:plain

 

あなたは、お金で幸せを買えると思いますか?

 

そのひとつの答えは、紀州のドン・ファンが教えてくれました。

 

彼の思考の中心は「とにかく、いい女とセックスする」という一点に尽きます。

 

 著書を書いた当時の年齢は75歳でしたが、それでも毎日3回は楽しんでいたという驚異の男性。愛人には、セックスのお礼に30〜40万円を毎回のように渡していたと言います。

 

 ですが、彼の末路はワイドショーで取り上げられるような「怪死」で生涯を終えました。どことなく、著作からも「寂しさ」が伝わり、4,000人もの関係を持ちながらも孤独だったのではないかと僕は思います。

 

 彼にとって、1億円はただの紙くずで、1億や2億というのはただの数字にしか見えなかったそうです。

 

 6000万円の金品を盗まれる事件の犯人女性とは結婚する予定だったそうで、彼女にはすでに400万円ほどの現金を手渡していたと語ります。

 

f:id:onedollar-11290406:20180606075658j:plain

 

ーー当時の心境

 

【本書抜粋】

  原田容疑者には、少なくとも400万円ほどの現金をすでに渡しており、あのまま付き合っていればその金額は増えていったと思います。

 

また、結婚する可能性もありました。

 

  そうなれば、私の財産をすべて手に入れるチャンスもあったわけです。それなのにどうして私を裏切ることになったのか。(P51)

 

どうして裏切ることになったのか」これが彼の本音だと思います。

 

これで、分かって頂けたかと思います。

 

 お金で人の気持ちは買えません。セックスはできても、本当の意味で愛されることはないのです。それを裏付けるアンケートもあります。

 

 lifehackerの記事で、21歳から75歳の米国民1,000人にアンケートを取った結果「お金をたくさん持っていること」が豊かさであると答えたのは全体のわずか11%でした。

 

 他にも、お金で幸せを買うことができないと、2ちゃんねるの開設者のひろゆき氏も同様のことを語っています。

 

【ひろゆき氏の記事】

logmi.jp

【life hackerの記事】

www.lifehacker.jp

 テストステロンと金持ちの関係

f:id:onedollar-11290406:20180604090614j:plain

 

テストステロン値が高いと金持ちになる?

 

 本書の特徴に「セックス」という単語がよく出てきます。彼は、とにかくセックスが大好きで、セックスだけのために仕事を頑張ってきたと語ります。

 

そこで、NewsPicksでこのような記事がPickされていたことを思い出しました。

 

【新R25】

r25.jp

 

 私たちは、紀州のドン・ファンから学ぶことがあります。それは金持ちになるには、テストステロンが大きく関わっているという事実です。

 

 彼は、常に新しい女性を探して「交際クラブ」に登録していました。つまり、常に恋をしていたのです。恋愛はテストステロンを高め、活動的になると認知脳科学者の澤口氏も説明しています。

 

 金持ちになったから幸せになれるかは別問題ですが、少なからずお金で回避できる不幸はあります。

 

僕は、幸せな金持ちを目指すことは健全だと思っています。

 

とかく、テストステロンを高めることで年収が上がることは科学的にも判明しています。

 

そして、彼のテストステロンの高さが分かる一説をご紹介します。

 

【野崎氏の名言】

 明日はどんな娘とエッチできるのか。そう考えるだけで若さが蘇ってきます。そのために、今でも毎日仕事をしてお金を稼ぐのです。

 

私の目標を他人は馬鹿にするかもしれません。

 

でも、私はずっと本気でした。  (P288)

 

当時の彼は75歳です。75歳でこの一節を書けるテストステロンは半端ではありません。

 

【テストステロンを高める方法】

www.anotori.com

 

 常識より、気持ちに従う

f:id:onedollar-11290406:20180606095256j:plain

 

あなたは「常識」と「自分の気持ち」どちらに従いますか?

 

彼は、気持ちに従って生きてきたと語っています。

 

堀江氏も「常識を疑え」とよく発言していますが、彼もこの思考の持ち主でした。

 

 彼は、70歳でセックスできないとか思い込みであり、イチローだって40歳を超えても現役だった。自分で自分のことを年齢で縛るのはやめたほうがいいと助言しています。

 

私たちは、今生きている時代の「常識」に囚われすぎているのかもしれません。

 

 時代が変われば「常識」も変わっていくのは必然であり、江戸時代の常識は今では非常識なのです。やはり、現代に合わせた思考のアップデートが必要だと改めて考えさせられました。

 

まず常識という固定概念を疑ってみる。

 

 今まで常識だと思っていたことを調べてみれば、戦後の常識だったりします。さすがに古すぎるし、過去の「常識」には嘘が多いことにも気づくと思います。

 

この常識を鵜呑みにしている人を「思考停止」と揶揄される所以かもしれませんね。

 

 まとめ 

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)

 

 ・お金で女は買えても幸せは買えない。

 

・金持ちになりたければ、テストステロンを上げる。

 

・常識はアップデートしていかなければならない。

 

いかがだったでしょうか?

 

 彼は、とにかく「いい女を抱く」という目標に突っ走ってきた人生でした。彼は、健康にもかなり気を遣っていたのが本書でも伝わってきました。今はまだ真相は謎ですが、彼のご冥福を心よりお祈りいたします。