あのとりブログ

情報ソースを明確に、読んだ本から知識を実用化するブログ。「あの・・・とりあずやってみます。」略して「あのとりブログ」

【1分で話す技術】話が伝わる人と伝わらない人の違いとは?

楽天マガジン

f:id:onedollar-11290406:20190213064334j:plain

 

話が長いうえ、内容が伝わらない人いませんか?

 

 私は仕事でよくプレゼンを行うのですが、いつも反省を繰り返しています。反省内容は、限られた時間で「伝えたいことが伝わったか?」についてです。

 

 そもそも、人が集中して話を聞ける時間は「2分が限界」だと心理学者の植木氏は語っています。つまり、「話が伝わる人」の特徴とは「話が短い」ということです。このことについて書かれた興味深い著作を見つけました。

 

 その著者は、Yahoo!アカデミア学長の伊藤洋一氏です。伊藤氏は、ソフトバンクの孫正義氏からも認められるくらいプレゼンのプロであり、その実力が認められヤフー株式会社で次世代リーダーの育成なども行っている注目人物のひとりです。

 

そんなカリスマ著者に、さっそく「1分で話す技術」を教えてもらいましょう!

 

【元ネタ本】

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

 

 

 

 話が伝わらない人の特徴とは?

f:id:onedollar-11290406:20180920050313j:plain

 

人は相手の話の80%は聞いていない?

 

 皆さんの多くが誤解をしています。それは「自分が伝えたいことを話せば、人は聞いてくれる」という思い込みです。

 

あなた様も経験あると思いますが、会議などの場面で、いつの間にかぼんやりと違うことを考えてしまっていることありませんか?

 

これが普通であり当然です。

 

 そもそも、人は相手の話の80%は聞いていないと著者は語ります。つまり、自分が完璧なプレゼンだったと思っていても、すべての内容が相手の頭の中に残っていることはありません。

 

そこで、より話が伝わらない人の特徴を書き出していきます。

 

 

ーー話が伝わらない人の特徴

 

話が伝わない人の特徴は大きく分けて3つのあります。

 

・話が長い

・場面がイメージできない

・きれいに話そうと意識しすぎている

 

話が長い人は「1分で話せるように組み立て、伝えよう」と思っていないからです。

 

 すべてを伝えようとして、話がまとまらないから長くなる。結果的に、利き手は何を言いたいのかさっぱりわからないということですね。 何を伝えたいかわからないから「場面がイメージできない」に繋がります。

 

もちろんロジックも大切ですが、「右脳」と「左脳」に働きかけることが重要だと著者は語ります。場面をイメージさせてこそ、話がイメージとして伝わるのですね!

 

 最後に「きれいに話そうと意識しすぎている」ですが、プレゼン資料をきれいに作成できても「相手を動かす」ことができなければ、本来の目的達成ではないですよね。きれいな資料や話し方ばかりに意識しすぎて、目的がズレてしまうことがあると著者は語ります。

 

これは知っておきたいポイントですね!

 

 伝えるための基本事項

f:id:onedollar-11290406:20190115084238j:plain

 

相手は誰ですか?

 

「相手は誰か」これを意識しながら、話のストーリーを進めていくことが重要です。

 

 当たり前のように聞こえますが、実際には「相手を誰か」を意識していない方が多いと著者は語ります。たとえば、プレゼンでも「上司に言われたからプレゼンする」とか「自分の意図を理解してほしいから」などは、いい結果が出ないです。

 

 「話が伝わる」このゴールは「相手の気持ちを動かす」や「相手が行動したくなる」このようなことが目的ですよね。常に相手をイメージしながら、パワポでプレゼンを作ったりするといい結果が生まれます。

 

【具体的なポイント】

  • どういう立場にいるか
  • どんなことに興味があるのか
  • どんなことをこのプレゼンに求めているのか
  • 専門的な要素についてどのくらい理解できるか
  • 何をどんな風に言うとネガティブな反応をするのか 

 このようなことを意識しながら、プレゼンを作ったり段取りすると効果的です。そして、「ゴールは何か」をしっかりと抑えて話をストーリー化していきます。

 

【過去記事】

www.anotori.com

 

 すごく簡単で話が伝わる方法とは?

f:id:onedollar-11290406:20181212075350j:plain

 

1分で話す技術はすごく簡単だった?

 

この技術の結論から言いますと、「先に結論や主張を言ってしまう」です。

 

これだけです。

 

「まず、結論から申しますと〇〇〇です。」と言い切ります。

 

 そこから、複数の根拠を話せばロジカルで分かりやすい話し方になります。1分で話せない人は、てっぺんのないピラミッドになっていると著者は語ります。これが、最大の原因と言っても過言ではないのですね。

 

ーー例題

 

 たとえばよくあるのは、「Aさんもいいと言っていました」「お得意さんも喜んでいました」「実際に数字も上がってきています、以上」で終わる人です。

 

聞いている人は、「で?」ってなりませんか?

 

 これを、「これが結論です」「理由はAでBでCだからです」「わかった、了解」これだけで、すでに伝わっています。話し手の自分が、結論がわからなくて話を進めても迷子になりますよね。

 

 先に結論を述べてしまえば、話しながら勝手にその結論に向かってストーリーを構築していきます。すると、簡潔にまとまった話し方になるのです。

 

「結局、何が言いたいの?」とよく言われる方は、ぜひ試してみてくださいね!

 

【過去記事】

www.anotori.com

 

 まとめ

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

 

 

・話の80%は人は聞いていない。

・相手をイメージしながら話を構成する

・結論から述べて、根拠を複数用意する。

 

いかがだったでしょうか?

結構、売れている著書だったので読んでみました。仕事柄、プレゼンが多い人とかにはオススメの著作ではあります。